シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
エスワン ch

被暗示テストの一例 – 畳みかけ暗示

スポンサーリンク
ちょっと広告
本サイトの管理人が書いた催眠術の手軽で簡単なかけ方の kindle本、催眠術を手軽に簡単に: 催眠術はこんなに簡単に掛けることが出来る! 絶賛発売中です!

ちょうど、催眠術の一連の掛け方についてまとまりました。
http://www.hypnosis-aids.jp/?p=101

その流れの一つとしていい動画でのサンプル、ということで、こちらをご紹介します。
動画自体はセクシーな女催眠術師、相川葵のものです。
といっても。。。暗示をかけるときに早口がいいか、ゆったりがいいか、悩ましい問題なんですよね。

確かに畳み掛けるように暗示を入れることも大事なことです。実際、暗示の入れ方って例えば

  • 「これから三つ数えたら、あなたの手は固くなって開かなくなりますからね。どんなに頑張っても開きません。では数えましょう。」という予備的に入れるのと
  • 「はい、さん、に、いち、はいっ」と、手を包み込みながらカウントダウンなどしてその暗示の状態のイメージを覚えさせるように誘導した後に必ず
  • 「ほーら、開きません。一生懸命頑張っても、びくとも動かないでしょ。開かないですよねぇ。」と、今の状態がそうなんだ、と脳に言い聞かせる後追いの暗示(よくR18系の催眠術師が何をいう訳でもなく「あーあーあーあー」と連想させるように騒いでいるあれ。)

と三つがあって初めて確実に掛るのです。畳みかけが有効なのはその中でも後追いの暗示。でも、切羽詰まった感じだと。。。しらける場合もあるのでご注意を。

この動画の続きはこちらになります
https://video.hypnosis-aids.jp/2015/07/27/post-0-30/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする