シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
エスワン ch

【悪用厳禁】人をあやつる会話術「ミルトンモデル」とは?

スポンサーリンク
ちょっと広告
本サイトの管理人が書いた催眠術の手軽で簡単なかけ方の kindle本、催眠術を手軽に簡単に: 催眠術はこんなに簡単に掛けることが出来る! 絶賛発売中です!

こんにちは。
昨日の動画の最後に、断片的に聞こえませんでしたか?
ミルトンモデル
って。これ、NLP の中で出てくるものなのですが、って NLP って知らない人もいますよね。
Neuro Language Programming といって、日本語では神経言語プログラミング、とも呼ばれています。
これは、成功した人の精神モデルを移植しよう、ということで開発された方法論とそこから派生する様々なテクニックの集大成なのですが、心理学的見地からは学問ではないしその効果について検証できない、とされているものです。とはいえ、これらのテクニックの結果で成功している人たちがいるので、まあ、うまくやったら結果が伴う、位に思って学ぶと面白いものですし、近々これをまとめていこうかと思っています。
で、実はNLP が最初にモデルを移植しようとした対象の一人が、有名な催眠術師、エリクソン・ミルトン、その人でもあったことから、NLP のテクニックの一部として催眠術のそれが入り込んでいる、ともされています。実際、無意識レベルをどう変革させるか、と思えば、無意識の書き換えをするのがお得意の催眠術の技法は有効ですよね。
で、その中で、史上最強ともいわれるエリクソン・ミルトンが誘導に使った話法を整理してミルトンモデル、と紹介されるようになったのです。
今日ご紹介するのはそのミルトンモデルを NLP の見地から説明しているものです。
え?催眠術は?
ですよねぇ。でも、見ればわかります。暗示文を作っていくのにきっと使っているフレーズ、構成の仕方がここまでちゃんと整理されているんです。たまにはこういうのもいいのではないでしょうか。
ということで、まだ、私のサイトにも見に行こう、とは思わないでくださいね(と文章で書くと、ばればれですね)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする