シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
エスワン ch

突然のリクエストに応えて記憶支配の催眠術を披露–追い込み暗示を使った誘導テクニック

スポンサーリンク
ちょっと広告
本サイトの管理人が書いた催眠術の手軽で簡単なかけ方の kindle本、催眠術を手軽に簡単に: 催眠術はこんなに簡単に掛けることが出来る! 絶賛発売中です!

解説

前回のYURIA さんの動画の続きです。
https://video.hypnosis-aids.jp/2016/02/07/post-430/

通常、催眠術を使って健忘を起こすとき、「あなたは寝覚めたあと自分の名前を思い出せない」と暗示をかけますが、このやり方だと一発勝負になってしまうので成功率が落ちてしまいます。そこで追い込み暗示が使えるように工夫するとこのように成功率があがるのです。

まぁ、確かにそうです。と言いつつも、本当は、事前暗示とともに、追い込み暗示を掛けることで初めて成立する、というのが正しい掛け方、なんですよね。実際に被験性の高い被験者に対してとか何度も掛かっているから掛かりやすい人だと追い込まずとも掛かることも多いのですが、初対面な人を相手にする、自分が初めて催眠術を掛ける、というときには念には念を入れて、ということで、追い込み暗示を入れる方がいいと思います。

と言いつつも、個人的にはこの人の追い込み暗示はやりすぎ、と思っているのですが、どうでしょう。
https://video.hypnosis-aids.jp/2015/11/15/post-373/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする