シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
エスワン ch

催眠術師らしくフィンガー・スナップを上手に鳴らそう

スポンサーリンク
ちょっと広告
本サイトの管理人が書いた催眠術の手軽で簡単なかけ方の kindle本、催眠術を手軽に簡単に: 催眠術はこんなに簡単に掛けることが出来る! 絶賛発売中です!

ちょっと一言

動画の解説

催眠術師は必ず、フィンガー・スナップ(指ぱっちん)をしますよね。それだけで催眠術の世界って思いますよね。ではどうやれば必ずできるのでしょうか。ここではそのやり方を解説します。

メモっておきたいテクニックです。

今回の動画では、催眠術には欠かせない、「指ぱっちん」ことフィンガー・スナップのやり方について説明していますが、なぜ今回これを取り上げたかというと。。。
言いたくはないのですが、催眠術を掛けますよ、という時に大事な要素の一つはやはり「雰囲気」です。雰囲気に飲まれる、という言葉もあるわけですから
人の気持ちというのはまずそういう雰囲気からも固めていく必要があるのです。

余談ですがそう思うと、催眠術を掛けるときの格好も考えたほうがいいですね。原色で目にまぶしいようなカラフルなシャツやスーツでは被験者も気が散ってしまいそうですし、黒ずくめの怪しい感じのほうが、ああ、催眠術師なんだな、と思ってくれるわけですしね。今時そんな格好をして街を歩く人がいるかどうかは謎ですが。。。

やり方は正直動画を見てそのまま真似てください。ポイントだけかいつまめば。。。

  1. 親指と中指を合わせます。
  2. 音が鳴るのは、親指と中指の擦れる音、ではなく、中指が親指の付け根に当たる音、ですので
  3. 薬指と小指で空洞を作って音が通るようにします。
  4. そして、中指の腹で親指を思いっきり押し下げて、中指の第一関節が普段指を曲げるのと反対に曲がる形にした状態で
  5. 指をずらすと親指の付け根に当たります

あ、指も周りの空気も乾燥しているよりは湿り気がある方がなりやすいですよ。

それ以上でもそれ以下でもありません。あとは繰り返し練習です。

で、実際に必要なの?

個人的には。。。なくとも出来ると思います。誘導するときには言葉でカウントダウンしてそのまま静かにしてあげる方がさらに深いレベルに落としやすいですし、そこで音を入れるとそっちに気を取られることもあります(実際に、海外でやって失敗したことがありました(笑))。逆に覚醒するときにはフィルター・スナップよりも両手でパンッ、と手を叩く方がいい時もありますし、なくても誘導した以上「おはようございます」の一言でおきますしね。もし持っているならばベルを鳴らす、でもそれっぽく聞こえますよね。

じゃあ、なんでフィルター・スナップにこだわるか。
スタイルですよ、スタイル。人の心はそれくらいのことでも動くんですよ。。。

これを見て、催眠術に興味を持ったら催眠術のあれこれがわかる拙著のサイトまでどうぞ!

催眠術はあなたが思う以上に身近で簡単、でも、思う以上にパワフル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする