シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
エスワン ch

気功を使った催眠術01

スポンサーリンク
ちょっと広告
本サイトの管理人が書いた催眠術の手軽で簡単なかけ方の kindle本、催眠術を手軽に簡単に: 催眠術はこんなに簡単に掛けることが出来る! 絶賛発売中です!

ちょっと一言

動画の解説

この動画では、催眠術の掛け方として非言語催眠のツールとして気功を使う、ということを紹介しています。非言語催眠、すなわち言葉を使わずに催眠術を掛けよう、とするとき、主に気功を使って暗示を被験者の意識に直接働きかける、ということをする術師はいますので、確立されたスキルの一つになりつつあるとはいえると思います。

メモっておきたいテクニックです。

サイトの管理人も時々非言語催眠は使います。ですが、気功をまだしっかり学んでいませんので別の方法で、なので、気功を使った手法については多くを語ることが出来ません。

ですが、この動画だけを見てもおっさん(失礼)がそこそこかわいい女性とわちゃわちゃしているだけ、にしか見えませんよね。それこそ動画のあるサイトの売り口上にあるキャバクラで話しつつ手を握る口実として気功を使っているだけ、的な。。。まぁ、実際に一対一で催眠術を掛けていても周りから見れば同じように見えるでしょうから大差ないのかもしれませんが。

大事なポイントは?

タイトルに騙されずにコンテンツを選びましょう。その意味ではちょっと反省しています。

はさておき、実際、気功を使った非言語催眠を行おうとすると学ぶことが思った以上に多いことが分かります。そもそも気功が使えるようにならねばならず、そのためにセミナーにいってスキルをインストールしてもらう必要がある(らしい)、ですし、その後に気功で受け取ってもらうためのプロトコルを身に着ける必要もありますし、気候に暗示を載せる方法も覚えることになります。言葉の選び方や話し方、間の取り方、と言った、一般的なコミュニケーションスキルの延長線にあるものではなさそうですから、知的好奇心の観点で覚えたいと思えるものですが実践にどう導入するかはまた別問題になりそうです。

おまけ

確かにこれならば一日以上かかる高額セミナーになりますよね。その後の使われ方を思えば私も安くは提供しませんね。
よく、催眠術のテクニック等を教わりたいけど高いから困る、と言う話を聞きますが、安かった、でも使えなかった、でも困りますよね。実際、安いには理由がありますから。特に、その後にそれを使って稼ぎたい、ということならなおさら、それなりのコストを払う準備をして学ぶべきだと思いますが、どうなのでしょうか。

といって、私も高いセミナーをやりたいわけではないのですし、やる時間もなく、自分のお客様との時間を最優先にしたいのでやることは当面ないと思いますが。。。

ということなので、安価に手軽にできることだけ kindle 本でご紹介しています。この下の本の表紙をクリックして催眠術の世界に飛び込みませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする